循環型産業の可能性

ダンボールコンポスト

かき混ぜるだけで有機堆肥が作れる

生ごみ処理


s_danboru

(手順1)

段ボール箱35センチ角(大体でよい。約40リットル)を用意します。虫の侵入を防ぐため、合わせ目や縁をテープで塞ぎます。補強のため底だけ二重にします。

(手順2)

ブロック(角材・レンガ)の上に金網(バーベキュー用など)をのせて、その上に置きます。

通気性確保のため、床面。壁から5センチ離し、雨のかからない所に置きます。

(手順3)

ピートモス15リットルとモミガラくん炭10リットルを箱の深さの半分程度投入し混ぜます。

手で握って固まって崩れない程度に水2リットルぐらいかけます。

(手順4)

段ボール箱の上部は虫が入らないようにフタの上にカバーをかけます。

(布切れやバスタオル、古いTシャツ)

(手順5)

生ごみ投入前に全体をよくかき混ぜてから生ゴミを入れ、移植ゴテなどでかき混ぜます。

(空気を入れて好気性の微生物の活動を良くする。)

投入量は1日に500グラム前後、貝殻や塩分の濃いものは入れない。

2週間程度で微生物の活動が活発になり、温度(約50度になる)が上がります。

1月くらいは週に1回500ミリリットルの水を混ぜ込む。

(手順6)

3ヶ月で基材がベトついたり、塊が多くなったら生ごみ投入停止。

1ヶ月くらい、たまに水を注いでかき混ぜ乾燥させない。

その後、土と混ぜて1~2ヶ月置いて使用。

1箱3ヶ月くらいで45キログラムの生ごみが処理できます。

問題になるような悪臭は発生しない。気になるようでしたら柑橘類の皮やコーヒーかすを少量入れる。

PAGETOP
Copyright © よんき産業研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.