循環型産業の可能性

よんきのセルマ

よんきのセルマとはふくらはぎをマッサージする器具です。

健康管理の一番の秘訣は血液の流れを円滑に保つことだそうです。

そしてそのカギを握っているのが「ふくらはぎ」。

ふくらはぎは第二の心臓ともいわれ、足の血液を押し上げ心臓の働きをコントロールするという高度な器官ということです。

ふくらはぎの筋肉を揉み解すと、血液の流れがスムーズになり、全身のあらゆる組織が活性化して病気も快方に向かいます。

しかし、ふくらはぎの筋肉を手で揉み解すのは意外と大変だったりします。そこで登場したのが「よんきのセルマ」です。

s_dsc_selma

よんきのセルマはふくらはぎを楽にマッサージできることを目的に開発されましたが、ふくらはぎだけではなく首、肩などもマッサージ可能です。

s_dsc_thousei

テレビを見ながらリラックスした状態でマッサージが行えると好評です。適度な弾力性をもったクッション部が心地よいマッサージ効果を生み出します。

調整器具で紐の長さを調整することでふくらはぎ以外の首、や肩などのマッサージもおこなえます。

発売前のモニターに参加されたNさんは血圧が高く降圧剤を飲まれていたそうですが、今では体調も良くなり薬をのまなくても血圧が安定してきたそうです。 Nさんはテレビを見ながら20~30分ほど毎日マッサージをされているそうで「よんきのセルマ」はもう手放せないそうです。

※感想はあくまで個人のご意見です。

s_dsc_fukuro

この収納袋(デザインは数種類あり)をお付けしてお値段は3,500円。

製作は社会福祉法人 ニライカナイで行っています。

「よんきのセルマ」のお問い合わせはこちらからお願いします。

PAGETOP
Copyright © よんき産業研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.